読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひと昔映画日記

素人の映画雑食日記 それこそ我が映画道

1920年代

LA SOURIANTE MADAME BEUDET(微笑むブーデ夫人)(1922)

女性監督が当時の抑圧された環境下における女性観を表現したラジカルな作品 監督:ジェルメーヌ・デュラック紹介No:0012ページ:36(下段) La Souriante Madame Beudet - 1923 English ... 時間は短いです、38分くらい。 ただこれは映画という印象はあまり…

霊魂の不滅(1920)

北欧アートムービーの元祖みたいなものでしょうか、映像が魅力的 監督:ヴィクトル・シェストレム紹介No:0010ページ:35 ↑のポスターかパッケージかわからないけどデザインも素敵ですね。 残念なことに、日本版のDVDは発売もレンタルもされていないので、 …

ウィズイン・アワ・ゲイツ(1920)

これは疲れたな。 監督:オスカー・ミショー 紹介No:0009ページ:34 DVDにしろオンラインにしろ日本語字幕がありません。 ↑のDVDもインポートなので、買う意味ないし、ネットで。 Within Our Gates とりあえず、字幕多すぎーーw 映画なのに殆ど字かよってい…

東への道(1920)

グリフィスとリリアンのコンビも4作目となりました。 目が慣れてきました。(そしてちょっと飽きてきた。。) 監督:D・W・グリフィス 紹介No:0008 ページ:33 視聴自体は少し前に済んでいたのですが、順番通り書きたかったので保留してました。 レンタル…

豪傑児雷也(1921)

少しお勉強の時間です。 残念ながら1001には日本のサイレントはエントリーされてませんので、日本のふっるーいサイレントてどんなだったんだろうってのを、ちょっと観ておこうかな。 その前に軽く日本のパブリックドメインについて。 日本では映画の公開から…

映画監督ランキング(備忘録

名匠のエントリー数ランキング(合計) 【18エントリー】 アルフレッド・ヒッチコック 圧勝だなぁ。やっぱりヒッチコックって偉大なんだ。 まだ1,2作品しか見てなくてゴメンなさい。 【10エントリー】 ハワード・ホークス【10】 イングマール・ベルイマン【10…

黄金狂時代(1925)

お次は、チャップリンだす。実は、あんま観たことないんだよね。 ちょうど、キートンのセブン・チャンスと同じ年の作品ではないか〜。時代を席巻した喜劇王の作品を謹んで拝見。 うーーむ。。自分はキートンの方が好きw チャップリンってアメリカのコメディ…

キートンのセブン・チャンス(1925)

バスター・キートンアメリカサイレント時代の有名な喜劇役者。 だそうです。 勉強不足で、存じ上げておりませんでしたがそれこそチャップリンなんかと並んで時代を築いた方のようですね。 彼は、喜劇に置いて笑わないという印象的な特徴があるらしいのですが…