読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひと昔映画日記

素人の映画雑食日記 それこそ我が映画道

東京ゴットファーザーズ(2003)

今敏3作品目(映画として)を視聴。

いきなり結論から申すと、単体の作品としちゃまとまってるとは思うが今まで観た他の作品と比較すると
個人的には見劣りを感じた。

面白いことには違いないが、PERFECT BLUEのようなサイコ・スリラーの作品と比較しちゃうと
やっぱこの監督はスリラーの方が良い(と私は感じた)

リアルな描写とファンタジー要素の混在がとても上手い監督なので普通っぽいストーリーだとバランスが取れていないように感じてしまう。

題材がスリラーであれば、計算された予定調和がびたっとはまって、ぞくっとしびれるってのもありだが、地味目のストーリーに予定調和をかまされ続けると次第に温度が下がってしまう。

予定調和を売りにするという手段もあるだろうけど、そこまでには後一押しなんかが足りなかった気がする。


色々なジャンルにチャンレジしてみたかったのかなぁなんて思いながら拝見した。
手堅くまとまってはいるが、それが逆に残念でもある。
この監督にはもっともっと冒険して欲しい気がするからだ。

主人公3人組が浮浪者という裏暗く一見切ない設定でありながら物語そのもは快活で爽やかさすら感じる。
ハッピーエンドが気に入らないとは言わないが、今までの作品からの期待感があったので過程にはもっと毒々しさもあって欲しいところではあった。

人間ドラマと言えるほどは深くもないし、これは今までの2作品とは違って娯楽映画の領域と判定。(個人的に)
ただ、娯楽映画としてはテンポも良く飽きさせないので非常に楽しめる。

そして映像は相変わらず素晴らしい世界観をかもし出している。
非常にリアルに表現された東京の風景に非現実までは行かない、ちょっとずれている登場人物や設定がうまくかみ合って独特の世界観を生み出している。
それから、オープニングとエンディングの映像もとても斬新で楽しい仕上がりとなっている。
遊び心が満載でなかなか楽しかった。


あれ、そういえば音楽はまったく印象に無かったなw



総評:☆☆☆
物語:☆☆
演出:☆☆☆☆
映像:☆☆☆☆☆
音楽:☆☆
役者:☆☆☆
制作年:2003


<お奨めの気分>
気晴らしに