読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひと昔映画日記

素人の映画雑食日記 それこそ我が映画道

ロスト・イン・スペース(1998)

ゲイリー・オールドマンで思い出した。

 

彼が実の息子から「あんな駄作にでちゃイカンよ」と諭された映画あるというエピソードを思い出したわけ。

そうそう、あれあれ、っていうかこれ。

 

というわけでちょっと惰性で一本。

昔のテレビドラマリメイクらしいが、元の話は知らないよ。

未来設定で、ある家族+医者1名(ゲイリー)が宇宙船ごと宇宙で迷子になっちゃって、地球に戻ろうと頑張る話。

 

取り敢えず、言っとく。

あのサルっぽいナゾの生物必要か?

いらんよね。

なんのスパイスにもなってないどころか、あれのせいでドン引きしたわ。

内容も昔の家族愛よろしくな、あざとい演出で更にちょっと引くよね。

それに関しては元が60年代のTVだからしょうがないのか、或いは意図的なのかもしれないけどね。

 

映像なんかは力入ってる感じだった。

あんまSFっぽいの詳しくないからわかんなけど、きっと結構すごいんだと思う。

一番イイところは、エンディングがかっこいい!!

うん。それに尽きるね。

 

最終的には私もゲイリーの息子に賛同するわ。

 

総評:★★

物語:★

演出:★

映像:★★★

音楽:★★★

役者:★★★

 

<ジャンル>

SFアドベンチャーでちょっと押し売りの家族愛

 

<お奨めの気分>

宇宙の映像を楽しみたい時に