読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひと昔映画日記

素人の映画雑食日記 それこそ我が映画道

華麗なる恋の舞台で(2004)

なんで借りたんだろうなw
何が見たかったのかよく思い出せないけど、借りたので一応視聴

そんな思い入れも無いのでちゃちゃっと片付けるとする。


《良かった》
アネット・ベニング
 彼女の演技というかそのものかな。
 喜怒哀楽が豊かでなんか可愛いなーみたいな。
 この役柄に合ってるかどうかは別だけど。
・話が分かりやすい


《嫌だった》
・邦題が胡散臭い
・大人の恋がどうとか言ってるけどなんかこういうノリは微妙
 最後にそれなりに丸く収まる感じがまた胡散臭い
 爽快とか痛快とかそういう見方もあるようだけど、人を陥れるのを楽しんで痛快だなんて大人のすることかなw
 ま、社会勉強させてあげたってことだと解釈しよう。


<娯楽>
総評:★★★
物語:★★
演出:★★
映像:★★★
音楽:★★★
役者:★★★★

<ジャンル>
ラブロマンスでしょうか?

<お奨めの気分>
アネットベニングファンなら良いと思う