読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひと昔映画日記

素人の映画雑食日記 それこそ我が映画道

バットマン & ロビン Mr.フリーズの逆襲(1997)

ほんとは、フォーエバーってのがこの前にあるんだけど借りるの忘れたぽいので、いいことにした。

監督は今作と同じジョエル・シュマッカーだが、バットマン役がヴァル・キルマーらしい。

 

今回は、ジョージ・クルーニっすよw

そういう人だったんだな。。。

金持ち時の役はハマってます。バットマン時はまぁ、、、言及しないことにしよ。

 

メインの敵はMr.フリーズです。シュワルツェネッガーです。

久しぶりに観ましたね。

彼は何やっても彼だわ。

 

しかし、なんと言っても、ユマ・サーマン!!

リターンズの時に前回よりヒロインが良いって思ったが、このユマを観るとそれすら瑣末なことに思えてくるでよー

いやぁ、可愛いのなんのってもう、たまらん可愛さ。

しかも、ミシェルはキャットウーマン時のキャラは良かったけど、最初のイモっぽいキャラの時が結構微妙だったが、ユマはあのギャップがいいね。

イモ風の時と、ポイズン女のギャップが素晴らしくて、ちゃんと別の人っぽく見えちゃうもの。

 

そして、スタイルもイイこと。さすが元モデルだわぁ。

こりゃもう、ユマ好きなら見なきゃな一品すよ。

 あの、カエル風スーツがたまらん。

 

バットガールもまあまあ可愛いね。

ユマの女の魅力とは比べちゃいけないが、ティーンの可愛い感じがあって、あれはあれでいいなぁと。

比べたら、絶対ユマだけどw

カエルスーツの後ろ姿の、あのお尻。

見なきゃ損する。

 

あーと、ティム・バートンの作品と比較すると、なんだろな、ファンタジーの域は超えてないけど、悪ふざけが少ないというかまじめにSFファンタジー作りましたって感じがした。

いや、別にティムが不真面目ってんじゃないけど、印象としてって話。

 

さて、次からいよいよ新シリーズ。

あちらは、街並みなんかもシカゴのほんとの街を使っているらしいし、CG敬遠したということでリアリティのある映像が見られるものと、期待が高まる。