読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひと昔映画日記

素人の映画雑食日記 それこそ我が映画道

アデル ファラオと復活の秘薬 (2010)

方向性が不明過ぎて観てるこっちが困惑するわ

 
出演者:ルイーズ・ブルゴワン、 マチュー・アマルリック、 ジル・ルルーシュ、 ジャン=ポール・ルーヴ
収録時間:107分
 

 

Story
リュック・ベッソン監督が手掛けたアクションアドベンチャー。最愛の妹の命を救うため、ジャーナリストのアデルは古代エジプト最高の秘宝とされる“復活の秘薬”を探していた。一方、パリではジュラ紀の化石から翼竜が孵化する事件が起こっており…。PG12 (詳細はこちら

アクションアドベンチャーって書いてあるんだけど正直どのジャンルに属すのか不明な作品です。

言うほどアクションがない

アドベンチャーも最初にちょっとだけ

しいて言うならコメディなのじゃなかろうかという感じです。

が、そんなに笑えないというw

ね、致命的。

2010年の作品とは思えない。

ノリが古いのだよ、、、せっかく築き上げてきたものがあるのに自分であんまりぶち壊さない方がいいよ。っておこがましくも言ってあげたい。

 

この映画をアクションアドベンチャーで売り込むなんて詐欺まがいなレベルだと思いますね。

 

 

主役の女優さんは新人らしいけど、この人はとても魅力的でした。

聡明で行動力があり好奇心旺盛で、おてんば。

ぴったりのはまり役だと思います。

(ヒロインの人物像としてはこれまたベタだけれどもw)

 

この映画の見所は逆に言うとそれしかないという感じですなぁ。

 

最近のベッソンが関わる映画は失笑するしか無いような映画ばかりというイメージだよね。

レオンが売れすぎてどっかおかしくなかったか、調子こいて本性顕になったか、なんなんでしょーか

 

総評:★★
物語:
演出:★
映像:★★
音響:★★★
役者:★★★

<ジャンル>

いやぁ、わからない

 

<お奨め>