読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひと昔映画日記

素人の映画雑食日記 それこそ我が映画道

ブリングリング(2013)

ソフィアらしいような全然ソフィアじゃないような...

ようやくソフィアの最新作まできた。

(現在「白い肌の異常な夜」のリメイクに取り掛かり始めているようだけど)

 

出演者:エマ・ワトソン、 ケイティ・チャン、 クレア・ジュリアン、 イズラエル・ブルサール、 タイッサ・ファーミガ、 レスリー、 マン
収録時間:90分
レンタル開始日:2014-07-02

 

Story
ハリー・ポッター」シリーズのエマ・ワトソン主演で贈る、少女たちが実際に起こした窃盗事件を映画化。ロサンゼルス郊外の高級住宅地を舞台に、セレブの生活に憧れる5人の少女たちの無謀な冒険を描く。監督は『SOMEWHERE』のソフィア・コッポラ。 (詳細はこちら

 

 Huluに吹替と字幕両方ありましたので、字幕で視聴。

 

すっごくソフィアっぽい部分と、なんか違う?という部分が半々という印象。

ファッションとか女の子のスタイルなんかは、すごくソフィア節が際立っている。

主役の子達の年代が近いのもあるかもだけど、デビュー作の「ヴァージン・スーサイズ」をちょっと彷彿とさせるような。

 音楽も使い方が上手いと思った。

ソフィアにしては「やかましい!!」という感じの曲が多いんだけど、扱う題材が窃盗なので、その逆なで感がというか、若干の不快感も含めて内容とリンクされている感じがした。

特に冒頭の曲の使い方はいい。

変わり種の警報器の音か??と一瞬思わされるようなタイミングで入ってくるんだけど、実は音楽で、実は彼女たちのテンションだったというね。

 

ただ、キャラの魅力はイマイチだった気がするなぁ。

その辺りはヴァージン・スーサイズと差が付いちゃった部分な気がしてしまった。

エマ・ワトソンには悪いが彼女も含めて全員がモブっぽいというのか、、、。

魅力的なキャラが一人でもいたら作品全体に奥行がでるような気がするし、彼女たちの犯した行為自体の見え方も違ってくる気がしたんだけど。

 

内容に関しては、どうだろうなぁ。

ソフィア自身もチャレンジだったと言ってはいるんだけど、今までのソフィアの作品が結構お気に入りだったという人には逆に合わない可能性があるという感じがする。

自分もどちらかというとソフィアの作品のマッタリ感が結構気に入ってた派だったので、こういう感じだったら、わざわざソフィアの作品で見なくてもいいかなと思う部分は無きにしも非ずであった。

サクサク進むので観るのは楽チンだけどね。

 

総評:☆☆✩
物語:☆☆
演出:☆☆☆
映像:☆☆✩✩
音楽:☆☆☆☆
役者:☆☆

<ジャンル>

ノンフィクションに近いクライム

&ファッション映画


<オススメ>

女の子達のスタイルは可愛いと思うのでそういう目線で見るならとてもおすすめ

今までのソフィア作品がプラス評価の人は注意が必要

 

↓ネタバレ

 

ティーンの窃盗団が題材なんだけど、窃盗って言ったって、別にお金に困ってる子達じゃないんだよね。

むしろ平均よりいい暮らししてるっぽい子達なんだよ。

普段暮らすのに困ってないから余計なことばかりに目が行くんだろうな。

平和が退屈と同義になってしまう。

 

だから、生活の為とか生きる為とかそういう次元で盗みを働いてるわけじゃなくて、憧れの人と同じになりたいという願望と、周りから羨望の眼差しで見られる快感の為なんだよね。

恐らく、後者の方が強い。

無茶するのがカッコイイみたいなのは、ま、大抵の人が通る道なのかもしれない。

 

けど、この子らは頭が悪すぎるんだわw

あんな稚拙な窃盗がばれずに済むわけがないことくらい、高校生なら考えればわかるはずだし、逮捕されるに決まってるじゃないか。

それ自体がカッコイイみたいに思ってるっぽい勘違いも含めて。

なんせ、反省の色ゼロだもの。

特に主犯格のレベッカは顕著だよね。

マークにも最初から利用するだけの為に近づいたんだろうし。

一人だけ逃げようとしたり隠蔽工作しようとしたりする。

だけど、浅知恵しか働かないもんだからあっさりバレる。

けど、バレてもまだ悪びれずに警察と取引しようとする。

裁判所でマークにあってもガン無視w

マークの方はレベッカのことを気にしてチラチラ見てるのに、見向きもしない。

数日前まで「親友だよね!」とか言っていたのはどの口だ。

(本心で言ってたわけじゃない事は明らかだが、、、)

リーダーなら他の人を庇うくらいの気概を見せてみろや。

 

マークだけは、若干の反省と後悔はみられたけど、

世間自体も暴走してるから、せっかくの反省の機会を奪ってしまう。

犯罪者になっちゃってやばいなって思ってるところに、Facebookで数百件も友達申請きましたとかねw

勘違いするキッカケを世の中が与えてしまうわけだから。

可哀想に。

マークは悪い友達に引っかかるステレオタイプみたいな男の子だものね。。

唯一同情の余地がある子だけど、それでもやっぱり高校生なんだから自分で判断しなくちゃ。

 

こうなってしまうのは、必然なんだと思った。

だって、親が子供以上に馬鹿なんだもの。

そういう意味では、この子達も被害者と言えるよね。

 

印象的だったのはニッキーの母親が、裁判の直前にニッキーに向かって「証拠はないんだから」みたいなことを言っていたが、あれには呆れ果てた。

そりゃ、犯罪犯しても反省しなくて当然だわ。

そうやって悪玉菌は連綿と受け継がれてしまうわけだ。

悲しい話だったんだ。これ。