読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひと昔映画日記

素人の映画雑食日記 それこそ我が映画道

TAXi(1997)

だいぶ間が空いたけど、久しぶりに。

これまた今更なんだけど、何げに初。
アクションはあんまそれ程興味ないのも手伝って。

確かこの映画って後のフィフスエレメントを制作する為の資金集めだったとかなんかで読んだような。
結果的にはこっちの方が評判になってた気がするけど、得てしてそんなものなんでしょう。

実際観た感じ、アクション映画ではあるけどかなりコメディ要素の強いアクション映画という感じかな。

車のことは全くわからないので、その辺は判断も評価もできないのですが。。

なんかこうね、キャラとか非常に微妙なんだけどその辺りがおフランス映画っぽい。
気合が入ってない風に見えるユルい感じっていうか、逆に言うと肩に力入ってない感じで、ゆとりがあるように見えてくるんだよなぁ。
不思議。
でも、頑張ってる感じを主張するよりこういう方が個人的に好きなのね。
この映画とは関係無いけど、フランス映画って割とヒロインの女優さんだったりしても、なんかシミとかそばかすとか変に修正したりしないでそのままだったりすること多いけど、そういうノリも好き。
リアリティを求めたい自分にはすごくそういう性質が合う。
この映画の主役二人も別にイケてるわけじゃないけど、違和感がないところがいい。
配役に失敗しただけの猛烈な違和感を感じる場合はどうしてもキツくなってくるんだけど、あんま魅力的じゃないと認識してるのに違和感がない。
それがいい。

ま、中身はそつなくってところだったけど、どれも程々で気楽に楽しめる。



総評:★★★
物語:★★★
演出:★★★
映像:★★★
音楽:★★★
役者:★★

<ジャンル>
アクション・コメディ

<お奨めの気分>
アメリカのアクション・コメディが肌に合わない人には楽しめるのかも