読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひと昔映画日記

素人の映画雑食日記 それこそ我が映画道

それでも夜は明ける(2013)

2010年代 アメリカ イギリス 史劇 ノンフィクション 考える 悲しい 映画賞受賞 ☆3.5
こう言う映画がアカデミーで作品賞を獲る。時代の流れ?
収録時間:134分
 

 

Story
『SHAME -シェイム-』のスティーヴ・マックィーン監督による実話を元にしたドラマ。突然誘拐され、奴隷として売られた黒人音楽家・ソロモン。差別と虐待を受ける日々を耐え忍ぶ彼は、ある日、奴隷制度撤廃を唱える労働者・バスと出会う。PG12 (詳細はこちら

受賞は史上初の黒人監督さんだそうですよ。

 

けど、こう言う作品が受賞したのは少し意外な感じだったりしました。

ハリウッドそのものが、だって、そういう社会の一端という感じがしていたので。

ま、それすらも商業的意図で流れに乗っただけかもしれないし、わからないけど。

 

さて、感想です。

かなりキツかった、、、

この監督さんの作品は初めて観ましたが、結構静かな間をたっぷり目にとってくるのでジリジリと来ますよねぇ。

疲労しますw

けど、観た方が良いとも思います。

 

これは実話が元になっています。

実在の自由黒人だった人が不当に奴隷として売り飛ばされ、正に奇跡的に家族のもとに戻るまでを綴った作品ですね。

原作(とは言っても体験談なのでノンフィクションですね)を実際に検分した人がいるらしく、体験談の事実性がかなり高いと認められているんだそうですよ。

つまり、殆どホントにあった事だと考えて良いって事ですよね。

それだけにシンドイ・・・

拷問シーン等は想像していたよりは少なめだったですが、その分どんより感は半端ないです。

なんというのか、何か恐ろしいこと、嫌なことが起こりそうな予感をずっと抱かされ続けるような、精神的負担を強いられます。

 

惜しむらくは12年間の奴隷生活を描いている割に時の流れを殆ど感じない事ですw

しいて上げるなら最後の最後、主人公の髪にちょっと白髪が混じってるかなくらいで、2年間の出来事だと言われても信じてしまいそうなくらいですね。

その辺りはやっぱり物語への厚みに繋がる部分だと思うのでもうちょっと演出なり、メイクなり頑張って欲しい感じでした。

流れが悪いというか、ちょーと全体的に演出に難アリな気がしてまった。。。

 

同胞の亡骸を埋葬した後の歌のシーンは良いです。

主演の演技も含めてですけど、この作品の虚しさと希望を絶妙に表現してる気がしました。 

 

自由黒人がよくわからない自分には?という感じだったのですが、同じ人種でも白人と同等の権利を持つ裕福な黒人の人がいたのですって。

 

原題にもある通りなんだけど、人種差別より奴隷制度にスポットがあたってる作品です。

支配する側とされる側で一体何が違うというのか?

 

隷属問題と考えると我々現代人にとっても他人ごとではない部分があります。

勿論、肉体的な拷問は今ではそうあるもんじゃないと思いますが、その反動なのか、言葉の暴力に関しては今の方がおぞましいくらいでしょう。

肉体的暴力など行わなくても人を服従させる術など幾らでもある事を考えると、今の方が恐ろしい隷属問題が起きているような気がしたり。

 

演出に難があろうと、ほぼ実話には違いないです。

そういう意味で観た方が良いと思う映画ではあります。

 

オマケネタ

今回もベネディクト出てましたね(出てるの知らなかったから偶然

売れっ子さんですね。

今回の役どころは、基本善人だけどちょっと情けない感じ。

善人やお人好しでは儲からないのでしょうか?

 

↓ネタバレ

 

 

主人公は元は自由黒人で、不当に売られるわけだけど、不当じゃなく売られている黒人がいるわけですよ。

同じ民族で生まれが違うだけで、今の苦痛を生まれながらにして背負う運命の人たちがいて、自分が実際奴隷として働かされる中でどれ程過酷な事かを十分承知する事になって、それでもやっぱり元の生活に戻れるなら戻りたいのが本音よね。

※ここで正義の為に!とか言って過激な反乱とか起こしたりしない所がまた実話っぽくて、余計に重い。

 

戻った後、解放運動家として活動したようだけど、その間も同じ農場で働いた人達の地獄の日々が続いてると思ったらどんな気持ちだっただろうね。

解放運動でもしてなきゃ罪悪感に苛まれて生きる事すらままならなかったかも知れない。

罪滅ぼしという意識の方が強かったんじゃないかな。

 

仲間の命を盾に取られて、仲間に拷問しないといけないって自分が痛めつけられるよりよっぽどシンドいし、悪い記憶になっちゃうよね。

やらなきゃ別の仲間が殺されるから、仲間を自分の手で直接傷つけるしかない。

 

あの農場の夫婦仲が悪いのがそもそもの悪循環の根源な気がするw

彼らがもっと仲睦まじければ相手を気遣う余裕も多少はあっただろうに。

あれじゃまるでガキの八つ当たりだものね。

ガキの八つ当たりに命懸けで付き合わされるなんて悪夢そのものだわ。

 

12年の奴隷生活は地獄だっただろうけれど、死ぬまで地獄生活だった人達の方が圧倒的に多かった事を思うと、主人公に対して良かったね、おめでとうとは単純には思えない所があるよねぇ。

勿論、あのまま地獄生活の方が良かったとも思わないのだけど、やり場のない感情に振り回されてしまいますね。。。

そういう作品でした。